ー人と人との絆を大切にー 福沢 清"

事業所案内

〒395-0029
長野県飯田市二本松333

飯田市議会議員
福沢清 後援会

TEL  0265-22-5620
FAX  0265-22-5620


2月9日、14日大雪による飯田市内の被害について

2014-02-18

(1)  市街地アーケードの損傷

17日現在で市街地4か所において、アーケードの被害がありました。アーケードの屋根が雪により折れてしまったもの(伝馬町1丁目、知久町3丁目、中央通1丁目)、アーケードの支柱が曲がってしまったもの(中央通3丁目)の4か所です。いずれも早い段階で歩道が通行止めとなり、歩行者の安全は確保されています。今後のアーケードの補修についてどのような見通しを持っているか、飯田市の商業・市街地活性課に17日午前中に行き、聞きました。

ここでは、「アーケードについては通常「飯田市商業振興事業補助金交付要綱」による。しかし、このような雪害について県に補助金はどのようになるか聞いてみる。

201402大雪被害

農業関係のビニールハウスにも被害が出ているのでそことのバランスも考えて対応していきたい。
該当する商栄会との協議になると思うが、地元でも意思統一できる形で話し合いをしていきたい。その際には今回の4か所の対応も同じものとしていきたい。」

とのことでした。

 

(2)  危険な空き家の緊急対策について

17日空き家対策の担当課である地域計画課に行き、今回の大雪で危険な空き家対策について要望しました。

事前に危険度が増す空き家の現地に行き、お隣の方に様子もお聞きしました。以前にもまして危険な状態が進み、ブロック塀や窓ガラスなどいつ道に落ちてきてもおかしくない状態です。今後、風雨が強い日があると一気に崩れ落ちる可能性も大きなものです。

担当課への要望として、緊急に通行人の被害が出ないように市としてわかりやすい表示をすること(通行止めや一方通行も含む)、所有者との話し合いを持ち早急に解決できるよう努力されたい旨、口頭で要望しました。

以前から空き家対策は回心を持ち、何度か私自身も一般質問をしたところです。現在飯田市でもまちづくり委員会と連携しながら対策を考慮中ですが

この大雪で危険な空き家の危険度は増すばかりです。抜本的な対策は必要ですが物件によっては緊急な対応が急がれます。

 

(3)  除雪について

市街地を通りかかった飯田市の職員に要望しました。

橋北地区でも除雪が進んでいない地域で行き会ったので、除雪の状況についてお聞きしました。「除雪の契約をしている所から市としては行っている」とのことでした。

「現地の状況を正確に関係部署に伝えてもらい、できる限りここの除雪の早くやってほしい」と要望しました。